【保存版】前髪を久しぶりに作る時に後悔しない為の4つのポイント

「前髪を作る、作らない」というのは、髪型を決める時に悩んでしまいますよね。

初めて前髪を作る方は少ないかもしれませんが、久しぶりに前髪を作る時は後悔したくないと思います。

今回は、久しぶりに前髪を作る時に失敗しないポイントをお伝えいたします。

前髪を作るか迷っている方はぜひご参考くださいね。

前髪の横幅は広く取りすぎない

前髪の横幅を広く取りすぎると、顔が横に大きく見えてしまいます。

特に「丸顔を気にされている方」「頬骨が出ているのを気にされている方」は

サイドの髪を残す事で輪郭をより綺麗に見せる事ができます。

前髪を作る時は目尻の少し横にサイドの髪が落ちるように幅を決めると、バランスが上手く取れるでしょう。

前髪の端からサイドは自然につなげて作る

前髪とサイドの髪の境目は、自然に馴染むようにカットします。

そうやって前髪を作ることで、輪郭に自然な丸みがついて小顔に見えるようになります。

前髪の毛先に厚みが残り過ぎると、重みによって顔が横広がりに見えてしまう場合があります。

前髪の毛先に程よく軽さを出して作ることで、輪郭の見え方をより綺麗にする事ができます。

 生えグセに合わせてカットして作る

前髪は生えグセの影響を受けやすいので、自然に乾かした状態でカットして作ることが大事です。

特に「浮きやすい・広がりやすい」場合は注意が必要です。

また、前髪を作る時は、前髪を作らない時と分け目を反対にした方が良い場合もあります。

前髪が自然に流れる位置に分け目を取るのがポイントです。

スタイリングしてちょうど良い長さに作る

前髪にカールをつけてスタイリングされたい場合は、少し長めにカットします。

どれくらいのカールをつけるかによってもベストな長さは変わるので、普段のスタイリング方法に合わせて長さを決めて作る事が大切です。

直毛で前髪が流れづらい方は、前髪のパーマをかけるのもおすすめです。

自然に下ろして流れる前髪によって、より女性らしく可愛い印象に魅せながら作ることができます。

 

迷っている方は是非ご相談ください

前髪を作る時は長さや軽さの違いによって、本当に多くのデザインがあります。

前髪を作るか迷っているけれど決心がつかない方は、色々なデザインの中から似合う前髪をご提案致します。

是非気軽にご相談くださいね。

最後に前髪の作る時のために、前髪の種類をご紹介させて頂きます。

これから前髪を久しぶりに作るか迷っている方は、ぜひご参考頂ければ幸いです。

シースルーバング

どの季節でも人気のシースルーバング。

ナチュラルな髪型にシースルーバングを合わせると、抜け感のある大人可愛い髪型に。

少し束感を作って斜めにスタイリングすれば、オシャレ度が上がるのでオススメです。

斜めバング

前髪を下ろして流す斜めバングは、おでこを少し見せる前髪スタイルです。

毛先を下ろして横に流すだけで上品でフェミニンな雰囲気に。

目の上ギリギリで流すことで目力をアップする効果があり、大人可愛い雰囲気を演出できます。

斜めバングは、柔らかくてふんわりとしたシルエットで女性らしくまとまるのが魅力です。

厚め前髪

厚め前髪とは、前髪の量を厚めにとって量も重めに残す前髪のことです。

顔の面積が多く隠れることで、輪郭によっては小顔に見せることもできます。

毛先の質感は、髪質や髪色によって程よい軽さを出すのがポイントです。

ぱっつん前髪

真っ直ぐなカットラインで綺麗に揃えるぱっつん前髪。

インパクトがある前髪なので、少しあか抜けしたい女性におすすめです。

暗めの髪色でも、眉毛の下くらいの長さでぱっつん前髪にすると、程よい軽さを感じるヘアスタイルになります。

かきあげ前髪

前髪をかきあげたようにスタイリングするかきあげ前髪は、大人っぽく女性らしく見られたい方におすすめです。

ゆるめのふんわりとしたパーマをかけると、さらに大人っぽくて女性らしい雰囲気が出せます。

おでこを出すことで、爽やかで活発なイメージを演出することもできます。

センターパート

センターパートは、意思の強い女性のイメージを演出されたい方にオススメです

オトナのおしゃれ感を出しながら、クールビューティな印象の髪型に。

その日によって分け目を変えると、気分転換にもなります。

ショートバング

ショートバングとは、眉より上の短い前髪のことを指します。

「オン眉」と呼ばれることもあります。

元気で明るいイメージになったり、オシャレ感をプラスすることができます。

人とは違った髪型にされたい方には特におすすめです。

お客様からの口コミをご紹介

 

今回も始めから最後までとても丁寧に対応してくださいました。
説明下手なので美容院で自分のイメージを伝えるのに苦労するのですが、担当の方はしっかりカウンセリングしてくださるので、いつも理想の髪型に仕上がります。
技術はもちろん接客も柔らかくてとても感じが良いです。
やっとずっとお世話になりたいと思える美容院が見つかりました。

施術ジャンル:カット、カラー、パーマ
感想:どのような髪型・カラーにするのか、丁寧にヒアリングして頂き、いつも仕上がりに満足しております。
また、スタイリングの仕方やドライヤーの掛け方等、いつも丁寧に教えて頂けるため、普段のセットも、美容院での仕上がりに近いものが再現できます。
担当スタイリストさんだけでなく、シャンプー、ブローをして下さるスタッフの方もきさくな方ばかりで、お店での時間が大変過ごしやすいです^_^

学生の頃から利用させてもらっています。小さい子供がいるので朝のセットの時間があまりなく、時短で手軽にセットできるヘアスタイルをお願いしています。少しクセ毛ですが、そのクセを自然にいかしたカットをしてくださるので朝のセットがとっても楽です!またカラーも親身に相談に乗ってくださいます。優柔不断でなかなか決められないのですが、いつもわたしの好みをふまえて、季節や流行に合った色味を提案してくださるので安心して任せられます。丁寧に施術してくださるので、個人的には他のお店色持ちも良く、コスパが良い気がします!これからもよろしくお願いします。

前髪を作る時のQ&A

Q.1

「前髪に生えぐせがあるため、作るかどうか迷っています。生えぐせがあっても前髪を作ることはできますか?」

A.1

「前髪は生えぐせがあっても作ることはできます。割れやすい場合は厚めに作る、浮きやすい場合は重めに作るというカットが効果的です。」

Q.2

「前髪を作る時は失敗するのが怖いです。失敗しない前髪を作る方法はありますか?」

A.2

前髪を作る時に起こりやすい失敗としては、作る前のイメージと違っていたということがあります。

作る前にイメージを知りたい方は、前髪ウィッグなどをつけて作る前髪をシミュレーションする方法もあります。

Q.3

自分で前髪を作るか迷っています。セルフカットで前髪を作ることはできますか?

A.3

長い状態から前髪を作るためには、ある程度のカットの技術が必要になります。

濡れた状態で作ると乾かした後に短くなる、引っ張った状態で作ると幅が広くなるという失敗も起こりやすいです。

久しぶりに前髪を作る、初めて前髪を作るという場合には、前髪を作るのが上手い美容師さんにお願いする方が良いでしょう。

【YouTube】蛭田のカット動画はこちらから

絶壁解消カット

 

 

似合わせ小顔カット

 

 

マイナス5歳の若返りカット

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

髪質や骨格に合わせた髪型というのはもちろんのこと、ライフスタイルを考えた上でどんなヘアスタイルがベストか、お客様としっかりコミュニケーションをとって考えさせていただきます。 生活が変化すると、なりたいイメージが変わったり、ヘアケアにかけられる時間が変わったりしますよね。イメージチェンジをしたいときは周りからも「いいね!」と思われるお似合いのヘアを、時短を叶えたいときはヘアケアもスタイリングも簡単なヘアを。そしてその両方が欲しいときは、時短も似合わせもカバーしたヘアスタイルをご提案いたします。 皆様の365日をより美しく輝かせるために、美容師という大好きな仕事を通じてお手伝いさせてください。