エラ張りさんに似合うボブの髪型を分かりやすく解説

カウンセリングでは似合う髪型についてのご相談をよく受けますが、

エラ張りをカバーしたいというご要望はとても多いです。

今回は、ボブでエラ張りさんに似合う髪型にするポイントを解説いたします。

フェイスラインの髪で横幅を狭く見せる

サイドの髪に長さを残し、丸みのあるラインで頬を包み込むデザインにします。

前髪がある場合は幅は少し狭めにとり、サイドの髪が頬にかかるようにします。

長さをリップラインより長くする事で、毛先がエラをカバーできる位置に落ちてきます。

前髪を長めにして分ける場合は、毛先が落ちる位置を計算して長さを決めていきます。

長めの前髪はエラ張りをカバーしやすいので、前髪の長さに迷った時は頬にかかる長さでカットするのがおすすめです。

トップのボリュームを出し縦長効果を

トップにボリュームを出す事で顔の縦長効果を出し、横幅を目立たなくする事ができます。

トップにパーマをかける事でボリュームを出しやすくなります。

ボブの場合は分け目を6:4や7:3くらいにする事で

中心のボリュームが自然に出るようになります。

ひし形シルエットでサイドにボリュームを

サイドに自然なボリュームのあるひし形シルエットにすることで、顔の横幅を狭く見せることができます。

サイドにレイヤーを入れる、カールをつける髪型がおすすめです。

一人ひとりに似合う髪型を

髪質や輪郭に対するお悩みは一人ひとり違います。

年齢と共に髪質も変化していき、生活スタイルやファッションという女性像も変化していきます。

伸ばしたい・イメージを変えたいというその時の気分もとても大切です。

髪質や骨格を綺麗に魅せるのはもちろん、「今の自分に似合う髪型」をご提案いたします。

ABOUTこの記事をかいた人

髪質や骨格に合わせた髪型というのはもちろんのこと、ライフスタイルを考えた上でどんなヘアスタイルがベストか、お客様としっかりコミュニケーションをとって考えさせていただきます。 生活が変化すると、なりたいイメージが変わったり、ヘアケアにかけられる時間が変わったりしますよね。イメージチェンジをしたいときは周りからも「いいね!」と思われるお似合いのヘアを、時短を叶えたいときはヘアケアもスタイリングも簡単なヘアを。そしてその両方が欲しいときは、時短も似合わせもカバーしたヘアスタイルをご提案いたします。 皆様の365日をより美しく輝かせるために、美容師という大好きな仕事を通じてお手伝いさせてください。