【ヘアカラーを長持ちさせる方法】色落ちの原因と対策をご紹介

ヘアカラーは染めてから時間が経つと、色落ちして明るくなってきますよね。

せっかく綺麗に染まったヘアカラーなので、僕もお客様にはヘアカラーを長持ちさせてほしいと思っています。

今回はヘアカラーを長持ちさせる方法と、色落ちしてしまう原因と対策についてお伝えいたします。

ヘアカラーが色落ちする原因とは

ヘアカラーが色落ちする原因はいろいろとあります。

・紫外線、ドライヤー、コテやアイロンなどの熱によるダメージ

・シャンプーの洗浄力が強い

・お風呂上がりに髪が濡れたままの状態でいる

これらを防ぎヘアカラーを長持ちさせる方法をお伝えいたします。

紫外線・ドライヤー・コテやアイロンなどの熱によるダメージ

紫外線でのダメージは、ヘア用のUVスプレーをつける事によって防ぐ事ができます。

ドライヤーは、乾いているのに乾かしすぎるとダメージしてカラーの退色につながってしまいます。

根元から風を当てて、顔まわりやトップの髪、毛先を乾かしすぎないように注意しましょう。

コテやアイロンを使われる方は、温度を低めにして手早くカールをつけられるようにしましょう。

洗い流さないトリートメントをつけてからドライヤーで乾かすと熱から髪を守ってくれます。

シャンプーの洗浄力

市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多く、カラーの色落ちも早い傾向があります。

アミノ酸系のやさしいシャンプーで洗うことによって、カラーの退色を防ぐことができます。

さらに、お湯の温度は38度くらいのほうが髪への刺激が少ないので色持ちが良くなります。

シャンプーの時は髪の毛同士の摩擦を防ぐために

地肌を洗うようにすると良いでしょう。

お風呂上がりで濡れたままの状態

髪は濡れている状態だとキューティクルが広がりタンパク質や色が抜けてしまうので

シャンプー後はドライヤーで髪を乾かした方が良いでしょう。

どうすれば色持ちが良くなるのか

色持ちを良くするには、次のような方法があります。

①シャンプー・トリートメントはアミノ酸系の髪にやさしいもの、カラーケア用のものを使う

②アウトバストリートメント・UV防止スプレーを使う

③コテやアイロンは低音で手早く行う

④ドライヤーで髪を乾かすようにする

この中で今されていない事を何か一つだけでもやって頂ければ、今より必ずヘアカラーが長持ちするようになります。

ヘアカラーが長持ちする色

ヘアカラーは色味によっても長持ちする色と、長持ちしない色があります。

明るさや色味の配合によっても長持ちするかどうかは変わるので、必ず長持ちする。長持ちしないとは限りません。

長持ちしにくい色・・・ アッシュ系、マット系、赤系、ピンク系

長持ちしやすい色・・・ブラウン系、バイオレット系

ヘアカラーが長持ちするシャンプー

シャンプーに関しては、ヘアカラーをした日は家ではシャンプーをしない方が長持ちします。

色落ちが早い方・明るめのカラーをされた方は、翌日もシャンプーはせずにお湯で軽くすすいで流すくらいの方が良いでしょう。

その後も髪の毛を洗う時は、頭皮を洗うようにするのがポイントです。

髪の毛をガシガシと洗いすぎると、髪が擦れて色落ちが早くなってしまいます。

また、シャンプー剤によっても長持ちするかどうかが変わってきます。

●髪の毛の質感を良くしながら、ヘアカラーを長持ちさせたい方には

「オージュア シリーズ」

●頭皮に優しいオーガニック成分で、ヘアカラーを長持ちさせたい方には

「ヴィラロドラ レノーボシリーズ」

ヘアカラーが長持ちするトリートメント

トリートメントでヘアカラーを長持ちさせたい方は、洗い流さないアウトバストリートメントが効果的です。

ドライヤーをする前にオイルやミルクをつける事で、ドライヤー・アイロン・コテの熱から髪を守る事ができます。

洗い流さないトリートメントの方が、色落ちしてしまう事がないので安心してご使用いただけます。

ヘアカラーを長持ちさせたい方はぜひご相談を

このように、シャンプーやトリートメント・日頃のケアでもヘアカラーを長持ちさせる方法はあります。

また、髪質やヘアカラーの色味によって色落ちが早くなってしまう場合もあります。

暗めのヘアカラーを長持ちさせたい方は、仕上がりの明るさを1トーン暗くすると時間が経っても明るくなりづらくなります。

カウンセリングの時にお伝え頂ければ薬剤でも調整できるので、ぜひ気軽にご相談ください。

一人一人にあった最適な「ヘアカラーを長持ちさせる方法」をご提案させて頂きます。

ABOUTこの記事をかいた人

髪質や骨格に合わせた髪型というのはもちろんのこと、ライフスタイルを考えた上でどんなヘアスタイルがベストか、お客様としっかりコミュニケーションをとって考えさせていただきます。 生活が変化すると、なりたいイメージが変わったり、ヘアケアにかけられる時間が変わったりしますよね。イメージチェンジをしたいときは周りからも「いいね!」と思われるお似合いのヘアを、時短を叶えたいときはヘアケアもスタイリングも簡単なヘアを。そしてその両方が欲しいときは、時短も似合わせもカバーしたヘアスタイルをご提案いたします。 皆様の365日をより美しく輝かせるために、美容師という大好きな仕事を通じてお手伝いさせてください。